当社は、企業からの委託によりGDPR第27条に基づくEU代理人を務めます。 ドイツ国内の企業向けには、社外データ保護責任者のサービスを提供しています

EU代理人とは?

EUR代理人はEU域内に拠点をもつ担当者としてEU域外の企業に代わり、一般データ保護規則(GDPR)の適用範囲内において同社による個人データの処理に関連した一切の問題について、監督当局及びデータ主体に対応する連絡窓口となります。

なぜ代理人が必要なのか?

欧州連合(EU)域内の顧客に対してサービスを提供したり、製品を納めたりする企業、あるいはEU域内に在住する個人の行動をデジタル形式で監視する企業には、EU市民やデータ保護監督当局からの個人データ処理に関するあらゆる照会に対応する連絡窓口を設置する義務のあることがGDPRに定められています。

この義務を無視できないわけ?

  • 違反に対しては甚大な罰金が科せられるおそれがあります(最大2000万ユーロ)。
  • 多くの場合、GDPRへの違反はEUに拠点を置く顧客との契約に対する重大な違反と見なされます。
  • 違反は刑法上の罪となるおそれがあります。
  • EUに拠点を置く顧客は、EU圏外の供給業者に対してEU代理人を選任するように求めることが多くなっています。